セブのファーストフード Leylam Shawarma が安くて美味い

Leylam Shawarmaとは

Leylam Shawarmaはセブのショッピングモールやスーパーのなかで良く見かけるファーストフード屋さんです。お店の正しい呼び方はわかりませんが、個人的にシャワルマって呼んでいます(以降、シャワルマ)。最初は少しトライするのに抵抗ありましたが、食べてみたら安いのにおいしくてはまってしまいました。日本円180円ぐらいで食べれます。セブに来て見かけたらぜひ一度トライしてみて欲しいです。お店の見た目やどういうものを食べれるかをメモします。

シャワルマの場所

シャワルマは、上にも書いたようにセブ島、マクタン島のショッピングモールやスーパーの中で良くみます。例えばセブ島のSM City モールのフードコート、アヤラモールの中にもありますし、マクタン島ならばマクタン空港、グランドモールなどにあります。

シャワルマの見た目

シャワルマはセブの色々なところで見かけます。セブのマクタン空港のタクシー乗り場付近にあるシャワルマは以下の様な感じです。Shawarma とでかでかと書かれてます。
shawarma_out_w740

上のお店の写真にあるように、シャワルマには主に以下の3つのメニューがあります。

  • Shawarma Rice(シャワルマライス)
  • Shawarma Noodle(シャワルマヌードル)
  • Beef Shawarma(ビーフシャワルマ)

上記の3つの違いとしては、ご飯か麺かケバブかです。具材的なものは基本同じ、炭水化物部分の違いになります。
そして個人的に一番好きなのがシャワルマライスです。ご飯物です。以降でシャワルマライスができるまでをご紹介します。

シャワルマライスができるまで

シャワルマは以下の様なホットプレート上で作られます。まず油を広げています。
shawarma_step1

油を存分にひいたらミックスベジタブルを投下します。
shawarma_step2

続いてご飯を投入し、その上に醤油っぽい何かと味の素っぽい粉をかけます。
shawarma_step3

さらに牛肉の細切れを投入します。
shawarma_step4

最後に千切りキャベツを投入します。
shawarma_step5

あとはひたすらかきまぜます。
shawarma_step6

かきまぜます。
shawarma_step7

そしてかきまぜるのに満足したらカップに入れて、その上にソースをかけてできあがりです。ちなみに、ソースをかけるときに「スパイシー?」って聞いてくれます。「Yes」と答えるとちょっとピリッとするスパイシーソースもかけてくれます。大して辛いものではないですが、辛いの苦手な人は「No」と言ったほうがいいかもです。
なお、Shawarma rice with eggを注文するとさらにご飯の上に目玉焼きをのせてくれます。以下の写真はアイスティーとShawarma rice with egg です。
shawarmaroce_icetea

Shawarma rice with egg アップの図。
shawarmarice

上に乗っている目玉焼きは店員さんによっては半熟にしてくれます。店員によってできあがるもののクオリティが違うのはフィリピンらしいところです。
shawarmarice_egg

目玉焼きの下は以下のような感じです。個人的には半熟の目玉焼きと一緒にぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのが好きです。
shawarmarice2

まとめ

今回はご飯物であるShawarma riceを紹介しましたが、ご飯の代わりにヌードル、ケバブバージョンがあります。どれも美味しいですが、やはりご飯が一番好きです。お値段も非常に安くて、Shawarma rice が 65ペソ(2016年2月時点で 160円ぐらい)です。目玉焼き付きでも75ペソ(180円ぐらい)です。安いです。それなりにお腹いっぱいになるので、小腹が空いた時やお昼ごはんとしても十分です。おすすめですのでお腹すいてる時に見かけたらトライしてみてください。