セブ留学のすすめ

私はオーストラリアに行く前にフィリピンのセブ島に語学留学に3ヶ月間行ってきました。セブ留学を知ったきっかけは「レアジョブ」というオンライン英会話サービスを使ってみたことでした。レアジョブは、フィリピン人講師とSkypeを使って英会話をするサービスです。そしてレアジョブについて調べた時に、フィリピンのセブ島の語学学校に行くセブ留学を知り、セブ留学に実際に行ってきました。ここではセブ留学に行ってみた私が考えるセブ留学のメリットとデメリットについてメモしています。

セブ留学のメリットとデメリット

セブ留学には、オーストラリア、欧米での語学留学に比べて、以下のメリットがあります。

  • 語学学校の費用が安い、生活費も安い
  • 毎日3食+寮+授業料の全て込みで1ヶ月10万円ぐらいからあります。オーストラリアや欧米の語学学校に比べたらかなり安いです。無職だっために貯金が少ない私には嬉しいお値段です。

  • グループ授業よりもマンツーマン授業が多い
  • グループ授業だとどうしても一人当たりの発言する機会が少なく、喋る時間も短いです。それに対してマンツーマン授業ではひたすら自分と講師だけで喋るので、グループ授業よりも喋る時間が長く効率的だと思います。

  • 似たような境遇の人にや色んな職種の人にたくさん会える。友達になれる
  • これは行くまで気づかなかったメリットですが、本当に色んな人に出会えます。そしてこれがセブ留学における英語力向上以外での最大のメリットだと個人的には思っています。例えば、セブ留学に来る人は、セブ留学の後にオーストラリアに行く予定の人が結構多いので、先にオーストラリアに行った友人から色んなお役立ち情報を得られます。私はオーストラリアでアルバイトを申し込むときに送る履歴書の作り方が全く分からなかったのですが、セブ留学で出会った友人が先にオーストラリアに行っていてすでに履歴書を作っていたので、その友人の履歴書を参考にさせて頂きました。本当に助かりました。さらに、セブ留学に来ている人は、オーストラリアに行く人以外にもカナダやイギリス、世界一周旅行に行く人など様々です。また、日本に戻る予定の人についても職種や年齢、役職も様々です。私はベンチャー企業の社長さんや定年退職後に世界旅行中な方などに出会ったことがなかったので新鮮でした。セブ留学では普段関わることのできない人と関わる事ができます。このメリットがあったこともあり、私はセブ留学に行って良かったと心から思います。

  • フィリピン人講師と友達になれる
  • これも行ってみて気づいたメリットですが、フィリピン人の講師の方達と友達になることができ、セブを去った後もFacebookやSkypeを通じて英語で連絡を取り合うことができます。つまり、レアジョブなどのオンライン英会話を使わずとも、友達になったフィリピン人講師達とSkypeで話せばオンライン英会話が出来てしまいます。英語の勉強になるのはもちろんですが、やっぱり友達が増えるのは嬉しいことです。

以上にメリットを挙げましたが、デメリットとしては以下が挙げられます。

  • 基本的に講師はフィリピン人であり、ネイティブではない
  • 当然ながら講師のほとんどはフィリピン人になります。そのため、ネイティブの英語の発音と全く同じではないです。もちろん、フィリピン人講師でもほぼネイティブと遜色の無い方もいますが、ネイティブではないとはっきりと分かる英語の発音の講師のもおり、レベルはばらばらです。とはいえ、私はそもそも訛りを気にできるレベルではなかったので、全く気になりませんでした。セブ留学では、発音云々よりも、とにかく喋ることに対する抵抗をなくす事と日常会話で使うフレーズを覚えて使う場として良いのかなと思います。

  • 日本人学生もしくは韓国人学生のどちらかが90%を占める語学学校が多い
  • 語学学校、時期によって異なりますが、日本人学生と韓国人学生どちらかで90%を占める学校が多いです。そのため、色んな国の人と交流を持つのは難しいかもしれません。また、日本人経営の学校はほとんどが日本人なので、授業中以外は当然ながら日本人の学生同士で行動することが多く、結局日本語を使ってしまうことが多いです。もちろん、日本人学生とは交流せず、先生や数少ない外国人学生とのみ交流を持ち、英語環境作りを徹底している学生さんもいたので、これは個人の努力の問題かもしれません。

  • フィリピンという国で生活する必要がある
  • これは当たり前なのですが、フィリピンは日本ほど清潔で安全な国はないです。日本のクオリティを期待してフィリピン留学に来ると、もしかしたら後悔するかもしれません。日本とは違い、路上にゴミが多く、ハエや蚊、トカゲやよくわからない生物に必ず出くわします。私が行った学校に来ていた学生さんのなかで、日本と同じ生活環境が用意されていると期待して来ていた学生さんは最初はすごく不満だったみたいです。この学生さんの気持ちは正直分かります。やっぱり私自身、フィリピンで生活するということをよく考えてなかったため、セブ島に到着した初日は、いろんな面で何度か「マジか。。。」と思いました(笑)ただ、セブでの格安留学であることを考えれば、日本と同じ環境を期待するのは少し違うのかなと思うので、これは受け入れるべきことだと思います。もし日本と遜色のない生活環境で勉強したい場合は、やはりそれなりのお金を払って欧米の語学学校に行く必要があるのかなーと思いました。ただ、人間の慣れとは恐ろしいもので、2日目、3日目には完全に適応してしまいます。全く気にならなくなります(笑)たぶんアジアに海外旅行に行った事ある人なら何も気にならない気はします。


セブ留学に行ってみた感想

行って良かったです。英語がペラペラになったなんてことはないですが、オーストラリアで生活できる気がする!っていうぐらいにはなりました。とりあえず相手が何を言いたいのかは分かるようになったと思います。あと、すでにメリットのところでも言いましたが、英語の伸びだけでなく、何より色んな人に出会えたのが良かったです。セブ留学で出会った人達とは、今でも繋がっています。色んな情報共有もできます。

英語に全く自信が無くオーストラリアの語学学校に行くかどうか迷っている方はセブ留学を検討してみていいと思います。最近は、セブ留学に行く日本人の方も多いようでWeb上に色んな情報が載っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です