各種手続き(海外転出届け、海外保険加入、etc)

ワーキングホリデービザを無事に取得できたら、続いて役所手続きをしてきます。オーストラリアに行く前に私がやった手続きは以下の通りです。

  • 海外転出届け
  • 海外転出届けは、1年以上などの長期間、海外に滞在する人が行う手続きになります。海外転出届けを出すと日本に住所がない状態になり、国民健康保険料、住民税を支払う義務がなくなります。よって、ワーキングホリデーで1年間ぐらいは海外にいくつもりの人は出しておいたほうがお金の節約になります。海外転出届けは渡航14日前から提出可能です。なお、海外転出届けを出した後は、日本で病院に行っても保険は使えないのかなーと考えていたのですが、出発日までは使ってもらって問題ないが、出発後に国民保険証を破棄して下さいと役所の方に言われました。

    また、住民税については、1月1日時点で海外転出届けが出ており日本国内にいない場合にのみ払う義務がありません。1月2日に日本を出発する場合は払う義務が発生するので気をつけましょう。ここらへんは、市役所や役場に行って、直接確認したほうが良いと思います。また、パスポートと印鑑が必要になりますので、忘れずに持って行きましょう。

    なお、海外転出届を出す事に法的な強制力はなく、個人の判断に任されるようです。また、海外転出届けは代理人でも提出可能なので、既に海外に滞在中でも家族などに代理で申告をお願いすることができます。

    参考サイト様
    ゼロから始める役所手続きガイド | 留学エージェントcom
    海外転出届け | トリカゴ

  • 国際免許申請(地元の免許センターにて)
  • 地元の免許センターにて、大体日本出国日の2週間前ぐらいに申請しました。平日に申請に行ったこともあり、30分程度で終わりました。必要なものとしては、写真(5cm × 4cm )とパスポート、手数料2,400円でした。必要な物は日本全国で同じだと思いますが、行く前に確認したほうが無難です。

  • 海外保険加入
  • これは必須ですね。プランにもよりますが、1年間で15万円からあるので、で海外転出届を出して国保に払う分をこちらに回せば良いと思います。注意点としては、海外保険はどこもそうだと思うのですが、歯の治療は保険対象外になります。なので、歯に何かしら心配がある方は、日本にいる間に歯医者に行ったほうが良さそうです。私はも特に問題はなかったのですが、とりあえず歯医者に行って診てもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です