とりあえずオペラハウス周りを見てきました

シドニーといったらどこか?となると、やはりオペラハウスが真っ先に思いついたので、まずはオペラハウスとその周辺を見てきました。そもそもオペラハウスの名前は良く聞くけど何かというと、Wikipeidaさんに以下のように書かれていました。

シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)はオーストラリア・シドニーにある20世紀を代表する近代建築物であり、世界的に有名な歌劇場・コンサートホール・劇場でもある。オペラ・オーストラリア、シドニー・シアター・カンパニー、シドニー交響楽団の本拠地になっている。
シドニー・オペラハウス | Wikipedia

また、オペラハウスは登録された世界遺産の中では、年代的に最も新しいらしいです。

なお、オペラハウスに行くには、電車に乗っていくのが楽だと思います。Circular Quay(サーキュラーキー)という駅が最寄り駅になります。ここで降りて少し歩けば、オペラハウスを見る事ができます。



オペラハウス

サーキュラーキー駅からオペラハウスに向って歩いて行くと、こんな感じで現れます。
opera_1

歩いて近づいてみると、結構大きくて迫力ありました。
opera_2

横から見るとこんな感じになってます。
opera_3

オペラハウスの肌はどんな感じなのかなーと思って近づいてみると、こんな感じでした。なんかぎっしり敷き詰められます。
opera_5

オペラハウスの反対側を見ると、景色はこんな感じでシドニーのビル郡が見れます。
opera_4

また、オペラハウスと海を挟んだ反対側には、ハーバーブリッッジという有名な橋があります。いずれはこのハーバーブリッジからオペラハウスを見てみたいですねー
opera_6

本当はオペラハウスの中にも入りたかったのですが、この日は空いていませんでした。。。日曜日と祝日は空いていないようです。開館時間や料金などの詳細は以下のサイトに書いてありました。行く予定の方は事前に見ておくといいかもです。

シドニー・オペラハウスの詳細データ

ちなみに、サーキュラーキー駅の目の前には、以下の写真のカスタムハウス図書館があります。この図書館では無料のWiFiが使えるので便利です。
custom_library

また、サーキュラーキー駅は、オペラハウスやカスタムハウス図書館以外にも、ロックスやフェリー乗り場も歩いてすぐのところにあるので、シドニーを観光する際には必ずといっていいほど使う駅になると思います。

ロックス

ロックスは、石造りのお店や石畳の小道などがあり、古風な街並みを楽しめるスポットです。カフェやパブ、お土産屋さんがたくさんあります。少し人が多くてわかりにくいですが、以下のような感じです。
rocks_street2

少しメイン通りからはずれると、こんな感じで古風です。ヨーロッパのイメージですね。
rocks_street

また、ハーバーブリッジもよく見えます。この写真を撮った日は1月26日のオーストラリアデーであったため、すごく人が多かったです。
rocks_street_bridge

あと有名所としてロックスマーケットがあります。ロックスマーケットは、以下の写真のように独特な形のテントが目印です。ここでは、雑貨やアンティーク用品、アクセサリーや絵画などの美術作品がたくさん売っています。お土産探しにいいかもしれません。ただし、値段は完全に観光人向け価格で、結構高いイメージです 汗 また、土日のみ開かれています。
rocks_market

とりあえずオペラハウス周りはこんな感じでした。ただ、まだまだ行っていないところがたくさんありそうなので、また探索してみてメモしたいと思います。