持っていくものリスト

ワーキングホリデーでは長期間海外に行く事になるので、忘れ物がないかと特に敏感になると思います。私も行く直前は何か大事なものを忘れている気がする。。。と良く考えていました。ただ、生活用品については大体のものがオーストラリアでも購入できるので、そんなに心配はいらないです。また、他の都市は分かりませんが、シドニーでは価格はたかいものの日本の製品が結構売っています。なので最悪こちらで購入すれば大丈夫です。とはいえ、忘れると困るであろう大事なものはあります。ここでは、大事なものリストをメモしておきます。

絶対に持って行かないといけないものリスト

  • パスポート
  • 必須です。コピーも念のために何枚か持っていたほうがいいです。

  • 現金
  • カード類を持っていても使えない場合も考えられるので、日本円も少なからず持って行ったほうが無難です。

  • カード類
  • カード類を忘れると悲惨なことになります。なので、今一度持って行く予定のクレジットカード、国際キャッシュカード、デビットカードなどについて確認していきましょう。また、忘れがちなのが、ネットバンキングの暗証カードです。ネットバンキングではセキュリティ対策として、ネットバンキングで残高照会や振込などを行うときに暗証カードを用いた本人認証を行います。そのため、この暗証カードを忘れてしまうと、ネットバンキングを利用できないので気をつけましょう。

  • 海外保険証
  • これも忘れられないです。海外保険証がないと緊急時に自腹で高額のお金を払うことになるので忘れずに持って行きましょう。また、最近だとメールで保険証を送ってくれる保険会社もあると思うので、そのメールや添付ファイルも保存しておきましょう。

  • ホテルの英語の予約確認書
  • ホテルを予約している方は、英語の予約確認書も持って行ったほうがいいです。私は出発前にオーストラリア到着後3日間分のホテルを予約していきました。当初は念のために持って行くか、という程度の気持ちだったため、日本語で書かれた予約確認書を持って行きました。しかし、ホテルでトラブルが発生したものの、日本語の予約確認書だったためホテルのスタッフが読めず、困った事態になりました。最終的には難を逃れたのですが、今後ホテルを予約した時は、必ず英語の予約確認書を持って行こうと思わされるトラブルでした。トラブルについてはこちらに詳しく書いています。

  • 変換プラグ
  • オーストラリアの電源プラグは日本とは形状が違います。そのため、日本の電子機器を持って行っても、そのままでは使えません。そこで必要になるのが、変換プラグです。オーストラリアの電源プラグはO型という形状で以下の写真のようにハの字です。

    プラグ写真

    私は2個ほど購入していきました。足りないかな?と思いましたが、意外に間に合っています。私は出発直前に空港で買いましたが、空港で買うと少し高い気がしたので、事前に家電量販店や通販で買っておくことをおすすめします。

    また、注意点として、日本の電圧とオーストラリアの電圧は異なります。日本は100Vであり、オーストラリアは220V-240Vです。そのため、使用する機器が100Vにしか対応していない場合は、変圧器という機械が必要になります。ただし、変圧器は5,000円ぐらいと高い上に通常大きくて重いので、これを持って行くのは大変です。なので100Vにしか対応していない機器を持って行くのは、どうしても必要なものでなければあきらめたほうが楽かと思います。最近のノートパソコンやスマートフォンの充電器ならば問題なく対応していると思います。使う機器や充電器が220V-240Vに対応しているかは、以下のように充電器に記載されていると思うので、そこを確認しましょう。

    オーストラリア電源プラグ・電圧

忘れずに持って行くべきリスト

  • 航空券、Eチケット
  • 忘れても問題なく飛行機に乗ることはできますが、スムーズに出発できるよう持って行った方がいいです。

  • 国際免許証
  • 取得していない人には関係ないですが、取得した人は無駄にしないためにも持って行きましょう。特にオーストラリアで旅行する予定の人は国際免許証があるとレンタカーを借りれて行動範囲が広がるので忘れない方が楽しめます。

  • ワーキングホリデービザを印刷したもの
  • ワーキングホリデービザを申請すると、メールが送られてきます。そのメールを印刷したものを念のために持って行ったほうがいいです。オーストラリア入国時に何かトラブルがあった場合に役に立つかもしれません。

  • 充電器類
  • パソコン、スマホ、オーストラリアで使う用の携帯電話、カメラ、その他に男性ならばシェーバーなど、充電器が必要なものを持って行く人は忘れずに持って行きましょう。せっかく持って行ったのに充電できずに使えないと悲しいです。

  • 常備薬
  • 風邪薬や胃腸薬、正露丸などを私は持って行きました。また、毎日飲んでいる漢方薬があったので、それも3ヶ月分ぐらいを持って行きました 笑

  • コンタクトレンズ、眼鏡類
  • 使う人にとっては重要ですね。コンタクトレンズの人はケア用品も忘れられません。

持って行くと捗るリスト

  • 紫外線対策グッズ(日焼け止め、サングラス、帽子)
  • シドニーで生活していて、1つのやっかいごとが強烈な紫外線です。かなり強烈です。シドニーに到着したばかりの頃は、毎日のように目に痛みを感じていました。元々、サングラスや帽子など使わなかった私ですが、こっちに来てからは手放せないです。中には紫外線強い人も居るみたいで、全然平気な人も居ますが、私はどうやら紫外線に弱いらしく、必須です。これらはもちろんこちらでも購入可能ですが、もしすでにこれらの紫外線対策グッズを持っているならば、持ってきた方がいいです。繰り返しますが、オーストラリアの紫外線はかなーり強力です。対策しておきましょう。

  • カメラ
  • これは人それぞれなのだと思いますが、個人的に写真は大事です。後々写真を見かえすだけで、色々なことを鮮明に思い出せます。写真を取り、それを自分のオーストラリアでの生活の記録としてどんどん蓄積して残すことができます。私は今回のワーキングホリデーを機会にミラーレス一眼を購入しました。本当は一眼レフを買いたかったのですが、無職の私には勇気がありませんでした。。。そのうち、挑戦したいですね。

  • スマホ、タブレット
  • スマホやタブレットも持って行くと便利です。私は英語の勉強のためにもスマホとタブレットを使っています。(英語の勉強方法についてこちらにメモしました)また、facebookやLINE、Skypeなどの連絡手段を使うためにも使っています。あとはシドニーの電車はいわゆる日本のYahoo路線検索のようなアプリがあるので、これを使うのにもスマホとタブレットは便利です。(シドニーの電車についてはこちらにメモしました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です