アルバイトを探す・働く

オーストラリアの物価は驚くほど高いです。私はシドニーにしか住んだことがないですが、日本と比べて高すぎます。感覚としては、ほとんどのものが東京の2倍〜3倍はします。お金の減るスピードが尋常じゃなく早いです。そのため、貯金が十分でない私のような方は、アルバイトをすることが必須になるかと思います。

ただ、物価が高いのでその分最低賃金も高いです。シドニーの最低賃金は時給$16ドルだとか。そのため、アルバイトを見つけることができれば十分生活出来ます。むしろお金が貯まっていきます。そしてアルバイトを見つける方法は、シェアハウスを見つけるときに使用した以下のサイトを使うのが一番早いと思います。

上記のサイトの求人に色々なアルバイト情報が載っているのでその中から興味のあるものを見つけて連絡します。ただし、上記のサイトは基本的に日本人向けなので、日本人経営のお店が多いです。もし英語力に問題がなく、よりローカルのアルバイトをしたい方は、以下のサイトの方が希望のアルバイトを見つけられるかもしれません。

タックスファイルナンバーの取得

タックスファイルナンバーは、納税者番号のことです。そしてオーストラリアで働く全ての人は、タックスファイルナンバーの取得が義務付けられています。ジャパレスやその他のアジア系オーナーによるお店だとタックスファイルナンバーを要求しないところも多いみたいですが、タックスファイルナンバーがないとタックスリターンを行うことができません。

タックスリターンは、日本でいう確定申告のようなもので、タックスリターンによって払いすぎた税金を取り戻せる場合があります。よってオーストラリアで働く予定の人はもちろん、働くか分からない人もタックスファイルナンバーを取得しておいた方が良いと思います。タックスファイルナンバーのの申請はWebサイトから行うことができ、大体20分もあれば完了します。詳しい手順についてはこちらにまとめたので、必要なかたは見てみて下さい。

ジャパレスでのアルバイトについての個人的なイメージ

ワーキングホリデーに来て最も多くの人が就くアルバイトが日本食レストラン、通称ジャパレスだと思います。私個人が思うジャパレスのメリットとデメリットには以下のようなものです。

メリットとデメリット

まずメリットは以下です。

  • 基本的に日本語が通じる職場
  • 日本のアルバイトと同じ感じで働けて気軽。安心
  • 上記のWebサイトなどを使って見つけやすい
  • まかないがある場合が多い

一方でデメリットは以下です。

  • 給料が安い傾向。飲食店だと最低賃金の$16を越えるところは少なく、$10前後が多いイメージ
  • 給与明細が無く、給料手渡しのところが多い。タックスリターンができない可能性がある
  • 日本語環境である

個人的に、ジャパレスは安心して働けるのがいいですね。ただ、お金についてはそこそこで稼げるぐらいです。お金をがっつり稼ぎたい方は現地のレストランやファームに行くのが良いと思います。もちろん、現地のお店では現地の人を相手にすることが前提となるので、それなりの英語レベルが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です